""
本文へスキップ

NCT自然と文化の旅 TEL. 03-5825-6155

バコ国立公園

動物観察とトレッキング、そして海まで楽しめる好環境
ボルネオ島・サラワク州の州都クチンから約1時間半の好アクセスにある国立公園です。
ボルネオ島固有種であるテングザルはじめ多種類のサルが見られ、また島内に巡らされた10余の
トレッキング道のなかには森を見下ろすビューポイントへ行けるもの、食虫植物ウツボカズラの
自生地を通るものなどバリエーション豊富。
クチン発の日帰りから可能ですができれば1泊2日でゆっくり楽しむのを勧めします。

・バコへの現地ツアー(日帰り)↓すぐ下
バコへの現地ツアー(1泊2日
・お申込み方法&お手続きの流れ
・バコで見られる生き物たち

バコ公園への現地ツアー

日帰り日程(クチン発着)
09:00前後頃 お客様宿泊先ホテルにお迎え、出発
※詳しい時間はお迎え先特定いただいた後にお知らせいたします。

※発着可能範囲はこちら
ツアー車( 分)にてボート乗り場へ( 分)
ボートにてバコ公園へ向かいます

??:?? バコ国立公園公園に到着
島内の散策路をトレッキングしながら自然&動物観察。

マングローブ林の中はカニクイザル・リーフモンキーやテングザル他多くのサル、ヒゲイノシシなどが生息しています。
散策途中又は散策終了後に昼食。

15:00 ボートにてバコ公園を出発
ボート、車にてクチン市内へ向かいます

16:30頃 クチン市内、出発地と同じ場所にて下車、終了。

※上記時間は目安です、現地事情により変わることがあります
 天候や潮の事情により現地発のボート出発時間早まることがあります。

料金
  英語ガイド 日本語ガイド 
大人・1名参加 US$146 US$164
大人・2名以上参加 US$74/人 US$86/人
小人(12歳未満) 大人料金の80%程度
※お問い合わせください



1泊2日日程(クチン発着)
日程/宿泊場所 食事
1 (朝9:00前後)クチン市内お客様宿泊ホテル発、車&ボートにてバコ国立公園へ
散策後をトレッキング動物観察。終了後昼食&宿泊手続き
午後、2回目のトレッキング(主にテングザル探し)
夕食後、ナイトウォーク
朝:×
昼:○
夕:○
<バコ公園内シャレー泊(個室)>
2 朝食後、3回目のトレッキング
終了後チェックアウト、昼食&休憩
午後バコ出発、ボート&車にてクチン市内へお送り
15:30頃、クチン市内にて終了
朝:○
昼:○

費用1人あたり
2020.3/31出発迄
英語ガイド:2名以上参加・US$152/人、1名参加・US$290
日本語ガイド :2名以上参加・US$178/人、1名参加・US$342
※子供料金はご人数構成により変わります、詳しくはお問い合わせ下さい
上記RM額を当社換算レートにて円に換算した額をお支払いいただきます
備考 ・交通機関は他のお客様との混載、ガイドも共同が前提ですが他あっても1〜2組のお客様程度です。
 原則少人数、車2台超えるような大人数になることはありません。
・トレッキング路はテングザルの出現情報により変わります。お客様の体力や好み(この動物・植物
 が見たい等)などもできる限り考慮いたします。
・復路のボート便は現地事情により早まることもあります。
・波が高い時にボート便欠航し実施できない場合があります(半島ですが陸路では行けない場所です)
 ↑冬季11〜1月に多くみられます
費用に含むもの 車&ボート移動費用、宿泊料、上記日程記載の食事、期間ガイド料金、公園入場料
費用に含まれないもの 記載以外の食事、傷害保険&損害補償、Tourism Tax、カメラ持ち込み料他上記記載にないもの
ご注意(予約金) 宿泊施設は公営である関係で予約後3〜5日以内の予約確定が必要となり、以降の取り消し料金対象となります。
通常現地ツアーの取り消し料金対象は1ケ月前からですがこの事情から本現地ツアーは確定期限までに一部金としてにお1人US$50分以上の費用を先払いいただく必要がございます。
一部金は以降の取消料となりますので、ご送金後のご返金はできかねます。
また天候理由における催行中止の場合も一部金の返金はございませんので、あらかじめご了承ください。


お申込み方法&ご利用までの流れ

1)お問い合わせフォーム 又は直接Eメールにてお問い合わせ又はお申込み下さい
 お電話でもどうぞ! TEL:03-5825-6155 (祝日を除く月〜金曜9:30〜17:30
2)弊社より:空き状況と料金、必要情報につきお返事申し上げます
 通常は翌営業日までにお返事します)
3)お客様:お申込みいただける場合にはお手数ながら改めてその旨ご返信下さい
4)弊社よりご請求書と必要情報につきお知らせします
 ・お支払いは基本的に弊社銀行口座へのご送金にてお願いいたします(三菱UFJ銀行)
 ・クレジットカード払いも可能ですが決済手数料3%を別途加算させていただきます
 ・必要情報:クチン市内のお迎え場所、緊急連絡先等。
5)お客様:お支払い、および必要事項をお知らせ下さい
6)弊社より最終のご案内
 ツアー予約証類、および現地緊急連絡先等をお送りいたします
 (通常はEメールにてお送りします)

バコで見られる生き物たち


テングザル・オス テングザル
テングザル
固有種としてボルネオを代表する動物の1つ。
オスの大きな鼻がその名前の由来。
ガイドがバコのスタッフから最近の出現率の高い場所を
聞いて案内してくれますので以前より遭遇できる確率
高まったといわれています。
歩いて探しに行くのでそれなり
の体力は必要です。
カニクイザル シルバーリーフモンキー
カニクイザル
ニホンザルに近い仲間。
食べ物やカメラなど盗む
ので注意。
シリバーリーフモンキー
オナガザルの仲間。
マングローブ林の中で見かけ
ることが多い。
ヒゲイノシシ
宿泊施設近くに住みついており、餌を探す姿を
良く見かける。
マレーヒヨケザル
特筆すべきは…マレーヒヨケザル
手足や尻尾まで含んだ被膜(ひまく)を広げて飛ぶ距離は
100m以上になることも。ムササビを超える滑空の達人。
マレーシア全土的に非常に珍しい動物ですがバコは
マレーシアの中でとりわけ遭遇率高い場所といえます、
それは長く木に止まっている習性があってそのねぐらの
ある場所の情報をガイドが得ているためです。
いつもとは言いませんがだいだい2回に1回くらいの確率
で写真のような留まっている状態は見られるようです。
夕方活動しだすといきなり飛び去ってしまい、その後は
飛距離が長いため追いかけることはとてもできません。
飛び立つところ写そうと数時間も留まっている個体を
狙っていたのに目を離した一瞬の隙に飛び去ってしまった、

ウツボカズラ モウセンゴケ
食虫植物:ウツボカズラ、モウセンゴケ
土が痩せている上雨が多く表土の栄養が流れてしまう為
不足する栄養を補うため虫を捕らえその不足分を補います
壺のような入れ物の中に虫を落として消化液で溶かして
しまうのがウツボカズラ。
葉っぱにネバネバの粘液をつけて虫をからめ取る
のがモウセンゴケです。
バコで見られるモウセンゴケに中に中は日本人が発見
&命名した種もあります。


バナースペース

NCT自然と文化の旅

〒111-0052
東京都台東区柳橋1-20-5タカビル4階

TEL 03-5825-6155
FAX 03-5825-6156
Eメール