NCT総合TOPへ

   メニュー
HOME
日本発着プラン
ボルネオ島
現地ツアー
(オプショナルツアー)
ボルネオ島

コタキナバル発
キナバル登山(別ページ)
サンダカン発
ミリ・ムル発
クチン発
西マレーシア
タマンネガラ(別ページ)
 
航空券手配
マレーシア航空
アシアナ航空
ホテル手配
ボルネオ島
コタキナバル
サンダカン
クチン
ミリ・ムル

クアラルンプール
 


<マレーシアの国立
公園&自然保護区
基本情報 (気候と一般情報)
主な祝祭日
マレーシア関係リンク
現地通貨RM換算レート


問い合わせフォーム
直接E-mail
会社情報
お申込み・支払い方法
取消し・変更料金規定

マレーシアの気候と基本情報

NCT自然と文化の旅
Nature and Culture Travel
  • TOP > 
  • マレーシアの気候と一般情報
マレーシアの気候・ベストシーズン
マレーシアはほぼ赤道直下にあり、全土で年間を通じ最高気温は30度を超える(高原を除く)。東西に長く、大きく分けてマレー半島側とボルネオ島側がある。またマレー半島は中央に山脈があるので半島東部と西部で天気が大きく異なることがある。


ボルネオ島(コタキナバル・サンダカン・クチン・ミリ・ムル)
4千m峰のキナバル山をははさんで西側のコタキナバルと西側のサンダカンで雨の多い時期がやや異なる。コタキナバルは10〜12月と夏もやや雨が多い。サンダカンでは11月から翌2月初めが雨多く、夏は少な目め。サラワク州(クチン・ムル)は12月〜翌2月の雨が多い。
キナバル山の気候は下界と異なる。キナバル山の気候についてはこちらからご覧下さい。
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
コタキナバル
(サバ州西側)
最高気温 30 30 31 32 32 31 31 31 31 31 31 31
最低気温 23 23 23 24 24 24 24 24 23 23 23 23
降雨量mm 133 63 71 124 218 311 277 256 314 334 296 241
サンダカン
(サバ州東側)
最高気温 29 30 31 32 33 32 32 33 32 32 31 30
最低気温 24 24 24 24 24 24 24 24 23 24 24 24
降雨量mm 398 304 153 114 125 195 202 224 225 284 335 459
クチン
(サラワク州)
最高気温 31 31 32 33 34 34 33 32 33 32 32 32
最低気温 23 23 23 24 24 24 24 24 24 23 24 24
降雨量mm 822 299 412 244 237 100 219 319 193 374 276 342


マレー半島西部(クアラルンプール・ペナン・ランカウイ)
5月〜9月がやや雨の多い時期といわれるが、はっきり雨季というほどではない。クアラルンプールや半島中央部タマンネガラなどは12月・1月はやや雨が多いが、ペナン・ランカウイは良く3月頃までは天候が安定した時期が続く。
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
クアラルンプール 最高気温 32 33 33 33 33 33 32 32 32 32 31 31
最低気温 22 22 23 23 23 23 23 23 23 23 23 23
降雨量mm 159 154 223 276 182 119 120 133 173 258 263 223
ペナン 最高気温 32 32 32 32 31 31 31 31 31 31 31 31
最低気温 23 23 24 24 24 24 23 23 23 23 23 23
降雨量mm 70 93 141 214 240 170 208 235 341 380 246 107

マレー半島東部(コタバル・クアラトレンガヌ・ペルヘンティアン・レダン)
10月〜1月にかけてはモンスーンの影響ではっきりとした雨季となる。この期間営業中止する宿泊施設もある。
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
コタバル 最高気温 29 30 31 32 33 32 32 32 32 31 29 29
最低気温 22 23 23 24 24 24 23 23 23 23 23 23
降雨量mm 163 60 99 114 132 157 168 195 195 286 651 603

マレー半島中央部(キャメロンハイランド・タマンネガラコタバル)
10月〜1月にかけてやや雨が多いがそう顕著ではない。キャメロンハイランドなど高標高は年間を通じて涼しく過ごし易い。
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
キャメロンハイランド 最高気温 21 23 23 23 23 23 22 22 22 22 22 21
最低気温 14 14 14 15 15 15 15 14 15 15 15 15
降雨量mm 120 198 198 277 273 137 165 172 241 334 305 202


天気予報サイト
サイト名 地域 特徴・備考
サバ州観光局・天気予報 サバ州のみ サバ州各地の7日先までの予報を表示
コタキナバル・サンダカン・ダナンバレーなどサバ州の天気を知りたいのであれば
大変便利です。日本語表示。
wunderground.com
Kota Kinabalu
コタキナバル コタキナバル付近の現在の雲の様子をの衛星画像があるのが便利。少しでも雨の可能性があると「雨」の予報が出るようなので予報天気が悪いケースが多い。上サイトとあわせて参照することをお勧めします。
基本英語・都市名など一部日本語表記。
マレーシア気象庁 マレーシア全土 英語版TOPページ。マレーシア各州&都市の天気予報ページにジャンプすることができます。



基本情報

言語:
公用語はマレー語。他に英語も広く使用されている

時差:
日本から1時間遅れ(日本の午前8:00がマレーシアでは午前7:00となる)

日本人の入国規定:
90日以内の観光滞在はビザ不要。ただしパスポートの有効期限が入国時に半年以上残存していることが必要。妊娠24週を過ぎた妊婦の入国は原則不可。マレー半島からボルネオ島側へ移動する場合は国内であってもパスポートチェックがある、特にサラワク州については出入国カードの記載も改めて必要となる。

持ち込み免税範囲:
紙巻たばこ200本(葉巻50本、パイプたばこ225グラム) 酒類1本(1リットル程度、ワイン含む)

持ち込み禁止:
麻薬-厳禁、違反した場合死刑に処される(外国人も適用される)、ポルノ雑誌・ビデオ・DVD類

通貨:
マレーシアドル(現地ではリンギットと呼ばれる)。 1リンギット=100セン。日本での両替は困難。現地主要空港や市中両替所で日本円からの両替が可能。

通貨持ち出し規制:

1000リンギット以上、外貨US$2500相当以上の持ち込みは原則禁止

検疫・病気・感染症:
日本からの入国であれば義務づけられた予防接種はない。ただし現地で感染のおそれがある主なものはデング熱、コレラ、狂犬病、マラリア、アメーバ赤痢、破傷風、寄生虫疾患、エイズを含む性病。マラリアはボルネオ島奥地などでは現在も発生がみられます。熱帯熱マラリアは特に危険です。渡航後4週間以内に38度以上の発熱が続いた場合は医師にご相談下さい。マラリア・デング熱はいずれも蚊が媒介する病気です。現地では蚊になるべく刺されないよう、ご注意下さい。

注意したい食べ物:
生水-地域問わず生水は避けるべき。アイスカチャン(かき氷)も現地の水を使用しており注意。
ドリアンとビール(酒類):食べあわせは厳禁。体内で発酵し危険、死にいたることも。

ヘビ:
毒ヘビかどうかひと目では判断できないことも多い。万一噛まれた場合は種類にかかわらずすぐ病院で診察を受けて下さい。

緊急公用ダイヤル
警察/救急-999、消防-994

電話の掛け方
 日本から:国際電話識別番号−60(国番号)−最初の0を抜いた市街局番・番号
 マレーシアから日本へ: 00 −81(国番号) −最初の0を抜いた市街局番・番号
  ※ ホテルから掛ける場合は外線発信のため最初9をダイヤルする場合が多い。

電気
220ボルト・50ヘルツ。日本とボルトが異なるので製品は左記電圧対応の製品あるいは別途アダプタが必要。コンセント形状は3ツ又の’BF型’が一般的ですが一部’B3型’の場合もあります。

人種
宗教:国教はイスラム教、ただし信仰の自由は保障されている。他民族国家。最も多くの割合を占めるのはマレー系人種で大半がイスラム教徒。ついで中国系、インド系、マレー半島内部やボルネオ島には少数民族も多い。
イスラム教の習慣・旅行者として注意したいこと:イスラム教徒(ムスリム)は豚肉・飲酒が禁じられています。豚肉以外でも定められた方法以外で殺された動物の肉を食することは許されない。ムスリムの食することのできる食事をハラールミール(HALAL MEAL)という。女性は屋外では頭髪や脚を隠すこととなっている。ただしこれらは全般に中東ほど厳格ではないし、また異教徒や外国人には強制しません。とはいえムスリムの多く集まる場所での飲酒は慎むべきです。また男女交際の規制が厳しく、第三者のいないところで婚約していない男女が2人で一緒にいるだけでも宗教警察に逮捕されることがあります、これは外国人といえど相手がムスリムであれば例外ではありません。

在コタキナバル日本出張駐在官事務所
 住所:住所: No18,Jalan Aru, Tanjung Aru, 88100, Kota Kinabalu, Sabah, Malaysia
 電話:+60-88-254169 FAX: +60-88-236632 E-mail(領事班): ryoji@kl.mofa.go.jp

在マレーシア日本国大使館: 
 住所:11, Pesiaran Stonor, Off Jalan Tun Razak, 50450, Kuala Lumpur
 電話: (60-3) 2142-7044  FAX : (60-3) 2167-2314



TEL:03-5825-6155 FAX:03-5825-6156 平日月〜金 9:30〜17:30営業 土日・祝日休業
問合せ定型フォームはこちら |  直接メールしたい方はこちら
会社情報 |特定商取引表示 | お申し込み・支払い方法 |  取り消し料金規定
NCT総合TOPへ  |  NCTネパール   | NCTキリマンジャロ
Copyright (C) 2006 ボルネオ島旅行手配サイト, All rights reserved