本文へスキップ

NCT自然と文化の旅 TEL. 03-5825-6155

マレーシア&ボルネオ島最新情報


ボルネオ島 新型肺炎(コロナウィルス)情報

2020年2月25日更新
・発生患者:22名(2月24日現在)
 ※ボルネオ島側(コタキナバル、サンダカン、クチン)では感染者は確認されておりません

・主な対策措置:
※武漢のある湖北省在住者のマレーシア入国ビザの発給停止措置が取られています
※中国全体に対し、2週間以内に滞在歴のある方の入国を拒否される事があります
 少なくともコタキナバルのあるサバ州は上ルール適用されています
※コタキナバル:全中国発のフライトの受け入れを停止(1月30日)
 ↑上記通達出るも、一部の航空便は運航している模様です(2月12日時点)

ホルネオ島東海岸の外務省情報につきまして

2020年2月1日更新:

マレーシア・ボルネオ島の東部に対し外務省より危険度情報が発令されております。
最も危険度が高い対象となる地域は、サバ州サンダカンを含み、サンダカンからラハ・ダトゥ北側に至るまでの沿岸地域です。
セピロックオンウータンセンターやビリット、ダナンバレーなど主要な目的地はいずれも内陸地のため対象地域ではないものの、サンダカン空港およびラハダトゥ空港は海に面しているためサンダカン空港滞中は『レベル2:不要不急の渡航は止めてください』又は解釈次第では『レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)』の対象区域に入ることもありえます。

外務省ページ↓
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo_2018T087.html#ad-image-0
同ページ中に時系列にて発生事件表示されていますように陸地でのものは2015年5月サンダカンでの事件以降は発生しておりません(海上での事件は除く)。

サンダカン空港やラハダトゥ空港に滞在している間は外務省の危険情報指定区域に身をおくことになるますため、弊社としては事前にご注意を申し上げる次第です。

現地では通常の生活が行われており各空港・町発の現地ツアーも通常催行されておりますものの、現地手配をお申込みされる場合は上記を踏まえてご自身の判断にてご参加いただきますよう、お願いいたします。


バナースペース

NCT自然と文化の旅

〒111-0052
東京都台東区柳橋1-20-5タカビル4階

TEL 03-5825-6155
FAX 03-5825-6156
Eメール

3